ポケットカルテとは

日本では、他の先進国に例を見ない早さで高齢化が進展しており、疾病の治療、介護等社会保障にかかる社会的負担が急速に増大しつつあります。
特に地方や特定診療科における医師の不足、病院の診療科の閉鎖などは地域医療に大きな影響を及ぼしており、国家的な課題となっています。また2008年4月から厚生労働省は特定健診・特定保健指導を開始し、この診断情報も電子化されることが決定しています。
このような背景から、特定非営利活動法人 日本サスティナブル・コミュニティ・センターの健康・医療・福祉分野情報化プロジェクト「どこカル.ネット」、株式会社アピウス、株式会社メディカルコミュニケーション、株式会社ウィルコムの4社で、電子カルテを活用した医療サービス「ポケットカルテ」を開発しました。
ポケットカルテとは、利用者の健康情報を電子化して一元的に管理し、容易に閲覧可能とすることで更なる医療サービスの向上、また個人の健康管理に貢献するサービスです。

ポケットカルテのメリット

ポケットカルテの利用者は、いつでもどこでも自分自身の健康情報の閲覧・メンテナンスが可能となり、ご自身の健康管理が容易に実現します。転院などの際にも再検査などに煩わされず、効率的な診察が受けられます。また、担当医の診療方針などについて他者に意見(セカンドオピニオン)を求めやすくなり、安心・安全な受診が可能になります。そして、蓄積された個人の健康情報にもとづいた予防医療サービスも構築していくことで、健康管理のためのアドバイスが受けられるようになります。
またポケットカルテを利用することによって医療機関は、患者の病歴などを容易、且つ正確に把握できる環境が整い、さらに質の高い医療を迅速に提供することが可能になります。
救急現場などでは迅速な現場処置が可能になり、救急隊員と医療機関の連携の手助けになります。

ポケットカルテのメリット

ポケットカルテの利用者は、いつでもどこでも自分自身の健康情報の閲覧・メンテナンスが可能となり、ご自身の健康管理が容易に実現します。転院などの際にも再検査などに煩わされず、効率的な診察が受けられます。また、担当医の診療方針などについて他者に意見(セカンドオピニオン)を求めやすくなり、安心・安全な受診が可能になります。そして、蓄積された個人の健康情報にもとづいた予防医療サービスも構築していくことで、健康管理のためのアドバイスが受けられるようになります。
またポケットカルテを利用することによって医療機関は、患者の病歴などを容易、且つ正確に把握できる環境が整い、さらに質の高い医療を迅速に提供することが可能になります。
救急現場などでは迅速な現場処置が可能になり、救急隊員と医療機関の連携の手助けになります。

ポケットカルテのメリット

ポケットカルテの利用者は、いつでもどこでも自分自身の健康情報の閲覧・メンテナンスが可能となり、ご自身の健康管理が容易に実現します。転院などの際にも再検査などに煩わされず、効率的な診察が受けられます。また、担当医の診療方針などについて他者に意見(セカンドオピニオン)を求めやすくなり、安心・安全な受診が可能になります。そして、蓄積された個人の健康情報にもとづいた予防医療サービスも構築していくことで、健康管理のためのアドバイスが受けられるようになります。
またポケットカルテを利用することによって医療機関は、患者の病歴などを容易、且つ正確に把握できる環境が整い、さらに質の高い医療を迅速に提供することが可能になります。
救急現場などでは迅速な現場処置が可能になり、救急隊員と医療機関の連携の手助けになります。

ポケットカルテのメリット

ポケットカルテの利用者は、いつでもどこでも自分自身の健康情報の閲覧・メンテナンスが可能となり、ご自身の健康管理が容易に実現します。転院などの際にも再検査などに煩わされず、効率的な診察が受けられます。また、担当医の診療方針などについて他者に意見(セカンドオピニオン)を求めやすくなり、安心・安全な受診が可能になります。そして、蓄積された個人の健康情報にもとづいた予防医療サービスも構築していくことで、健康管理のためのアドバイスが受けられるようになります。
またポケットカルテを利用することによって医療機関は、患者の病歴などを容易、且つ正確に把握できる環境が整い、さらに質の高い医療を迅速に提供することが可能になります。
救急現場などでは迅速な現場処置が可能になり、救急隊員と医療機関の連携の手助けになります。

ポケットカルテ